フロア

C.S.R値(滑り抵抗係数)の測定

前回の記事で紹介した、大理石フロアのデモ施工部分のC.S.R測定を依頼しました。このONO・PPSMによるC.S.R値は、床の滑りやすさを判断するディファクトスタンダードです。測定費は少々お高いですがお客様の安全を担保するため必要なコストです。

CSR測定csr
施工前後のそれぞれ乾燥した状態と濡れた状態を測定しました。

後日届いた報告書によると、施工前後で数値が0.25ポイント上がっていました。この数値は、安全性により厳しい公共機関の基準値をクリアしており、滑りやすかったフロアが安全になったことが証明されました。